気仙沼市の企業経営コンサルタント

車のコーティングではなく、ディテイリング。車のボディを大事にする深いお話

2021.08.12


先日、相談にみえたのは、Chocolatory Car Detailing Custom(チョコラトリー)さん。
車の修理、板金ではなく、塗装の修繕、保護、メンテナンスのプロです。

洗って汚れを落として、傷を処理して、コーティングする、、、ざっくりそんな工程とイメージしていましたが、お話をお聞きしていると、そんな作業的なものではなく、塗装の状態を細かく調べ、それに合わせて丁寧に丁寧に施術をしていく、、、ディテイリングと呼ぶ理由もだんだん分かってきました。

「塗装の状態をハッキリと見極めて施工するために、照明は重要です。」

こんな環境でやるんですね。(写真はfacebookページから)

「不純物が入っているので水道水は使いません。純水を使います。」

洗車の段階から違うんですね、、、恐れ入りました。(写真はfacebookページから)

「塗装の肌を調整していくんです。」
お話を聞いていると、「塗装肌」という言葉が出てきます。

お肌のメンテナンスに近い気持ちで塗装の美しさ、強さにこだわるチョコラトリーさん、こだわるというよりも、これは「愛」だなと感じました。

※塗装面だけでなく、ライトのレンズのくもりや黄ばみも、ピカピカにしてくれるそうです。