気仙沼市の企業経営コンサルタント

\【毎日新聞に掲載】気仙沼の企業だからこそ、伝えられること/

2022.08.23


2年半を超えるコロナ禍。未曽有の事態を乗り越えるためのヒントが欲しい、そう考える経営者が全国にいます。

先月、大阪府から7名の中小企業経営者が気仙沼を訪れ、東日本大震災を乗り越えた気仙沼の企業経営者から「当時の苦境をいかにして乗り越えたか」を学ぶ研修ツアーが開かれました。大阪岸和田市の旅行会社トラベルウェーヴ社が企画したこのツアーのために、全国Bizネットワークを活かし、岸和田ビジネスサポートセンター(キシビズ)と気仙沼ビズが橋渡し役を担いました。

当日は、男山本店さん、菅原工業さん、みらい造船さんの3社が東日本大震災からの再建、復興に向けた歩みについて語り、参加した経営者からも大きな反響がありました。

気仙沼は東日本大震災を乗り越えた力強い地であり、その復興経験はコロナ禍をなんとかして乗り越えたいと考える全国の経営者にとって大きな価値があるとのこと。研修ツアーは全国から注目される新たな可能性であるとも言えます。

毎日新聞デジタル記事(※有料記事です。IDをお持ちの方はぜひご覧ください。)
https://mainichi.jp/articles/20220821/k00/00m/020/207000c?fbclid=IwAR0ubCxuPYN0bSZ85Twdx0C_aDQzQbduSX63RXw53xqJGIKHekx0jI-zK24