気仙沼市の企業経営コンサルタント

けせんぬまキッチンカーミーティングin内湾が開催

2021.10.26


——————
「けせんぬまキッチンカーミーティングin内湾」
2021年10月31日日曜日
10:00~16:00
岩手県北バス、停留所近く
https://kesennumakitchencars.mystrikingly.com

インスタ映え間違いなし!!

★黄色いうみねっこー号が初のお目見え
★氷屋キッチン×いさみやの新商品「もち氷・ひやりん」初登場
★CHEERSの巨大(国内有数)なweberバーベキューコンロで3時間かけて焼いたスペアリブ
★大人気、南三陸自然卵のクレープ屋さんには裏メニューも
★「選挙行ったよ!」割引:投票された方は、投票所の看板とご自分を写メしてください。500円以上お買い上げで50円引きになります

ご協賛 足利本店様 F.C.U.P.様 ユナイト様
——————

この試みには、実に多くの課題と理由がありました。

・三日町、八日町、内湾地区の賑わいをどう作っていくか?
・特に寒くなる時期の活性化をどうするか?
・内湾地区の土地活用について、どう考えていくか?
・どんな人の流れが考えられるか?
・キッチンカーの出店場所確保が難しい。
・市内のキッチンカーの存在感を高めたい。
・寒い時期のキッチンカーはどうあるべきか?

>地域の集客ポテンシャルを測りたい
>区画への人の導線を確かめてみたい
という「土地活用について模索する」というニーズと、

>新たな出店場所を探していた
>一度にキッチンカーが集結できる場所がなかった
という「出店ニーズ」に重なるところがあり、気仙沼ビズでは、これをつなぐことで解決に向けて一歩進めると考えました。

移動販売車を使えば建築物を準備するリスクを避けながら一定のシミュレーションができるのです。そのために出店者には来客実績や感触を報告していただくことにしました。

あとは、キッチンカー事業者さんたちのお気持ち次第です。

もともと
>気仙沼ではキッチンカー連携が取れていない
>個店が集団になることで、知見を共有でき、交渉力や存在感アピールも大きくなるのでは
という思いがあったとのことで、お話は急に現実味を帯びていきました。

協会設立が事業者さんの間で発案され、任意団体としての体裁が整えられました。
集客策が協議されました。
告知のためのランディングページが整えられ、公開されました。
・・・

まずは実行までの行程、様々な形でご支援させていただきました。
1回だけでは分からないことが多いので、開催後に分析を行い、常に改善を加えて行くことが大切だと思います。

ときに岩手県北バスの停留所が、今回の開催地の目の前にできました。
ムカエル・ユワエル・ヒラケル・ウマレルのテナントさん、大島汽船さん、南町紫神社前商店街さん、内湾地区のお店の方々、内湾広場との相乗効果を生むような切り口も探していきたいと思います。

ご協賛いただいている足利本店さん、F.C.U.P.さん、ユナイトさんには本当に感謝しております。